JTB海外留学 by JTB地球倶楽部

東京本社 03-3988-2412 西日本留学センター 06-6342-6500

  1. ホーム
  2. 海外留学パーフェクトガイド
  3. 滞在方法

小・中・高校生のための語学研修 FOR STUDENT

現地での滞在方法は、3つのパターン

留学するにあたり、自分の目的にあう留学プログラムを選ぶことがとっても重要ですが、その次にポイントとなるのが、現地での滞在方法。代表的な滞在方法は、3つのパターン。ホームステイ、学生寮、レジデンスから、自分にあった滞在方法を選びましょう。

イメージ

ホームステイ ~現地の文化を知ることができる~

  • 食事付でリーズナブルに滞在できるのがホームステイ

    現地の家庭生活を体験することができ、その国の生活習慣や文化に触れることができるのが魅力。通常、語学研修中のホームステイ先は現地の運営機関が選び、1泊2食付きなどの条件でファミリーに滞在費を支払う「ペイイング・ホームステイ」となります。いわば「下宿」という感じですので過大な期待は禁物。個室が与えられますが、1家庭に複数の学生が滞在している場合も。食事や入浴などはホームステイ先のルールに従うことになり、自分のペースで生活したい方には不向きです。

    画像

    ホストファミリー/イメージ

  • ホームステイ先を選んだり、変更はできません

    参加者が人種、宗教、家族構成による特定のリクエストでホストファミリーを選んだり、ファミリー決定後にそのような理由で変更・取り消しをすることはできません。また、ホームステイ先では生徒との会話以外は(家族同士など)、その滞在国の言語以外が話される場合があります。通学は徒歩やバス・電車などの公共の交通機関を利用して各自で通学します。

学生寮 ~大学生気分を満喫!~

  • 大学や語学学校が所有している寮に滞在

    学生寮に通常1部屋1人~4人で滞在します。部屋にはベッド、クローゼットなどの基本的な家具があり、シャワー・トイレなどは各階共同で使用。大学の敷地内や学校近くに位置していることが多く、通学に時間がかからないのも魅力です。

    画像

    学生寮/イメージ

  • 世界各国から訪れた学生同士の交流が楽しめる

    学生たちが集う寮という性質上夜遅くまで賑やかで、落ち着いて勉強したい方には不向きです。また、1部屋2人以上で滞在の場合、同室になる学生の情報は事前にはわかりません。

レジデンス ~プライバシーが保て、マイペースに滞在~

  • 語学学校や大学が契約している一般滞在用の宿泊施設

    市内中心地に立地していることが多く、他の学校に通う生徒や旅行者なども滞在しています。マイペースな生活ができるのが最大の特徴です。1人~4人部屋があり、部屋には机、クローゼットなどが備えられており、バスルーム、シャワー、トイレ、コインランドリーなどは共同で利用します。ほとんどの場合食事は付いておらず、共同のキッチンや近隣のカフェテリアなどで食事をとります。通学は徒歩や公共の交通機関を利用します。

    画像

    レジデンス/イメージ

  • 滞在方法ポイントチェック

    ホームステイ、学生寮、レジデンスの違いは何?
    メリット注意ポイント
    ホームステイ●食事や生活習慣などの文化に密に接する  ことができる。
    ●生きた英語に触れる機会が多い。
    ●比較的落ち着いた住宅街に滞在できる。
    ●門限、食事やお風呂の時間帯などそのファミリーの一定ルールに従う必要がある。
    ●通学に時間がかかることがある
     (※交通費は各自負担)。
    学生寮●大学キャンパス内にあることがほとんどなので、通学時間がかからない。
    ●若い学生が多く、同年代の友人が作りやすい。
    ●プライベートな時間があまりない。
    ●相部屋はお互いの文化の違いが出るので意外と大変。
    レジデンス●マイペースに生活ができる。
    ●都市部にあるので交通の便がよい。
    ●個室滞在では、プライバシーが確保できる。
    ●ホテルとは違い、設備は基本的な生活ができる程度。
    ●食事が付いていない場合が多い。
    ●時期によっては空室がない可能性が高い。
  • 資料請求
  • カウンセリング予約
  • 説明会・イベント
  • メールフォーム
  • JTBが支持される理由
  • 海外留学パーフェクトガイド
  • EXPERIENCES WANTED 留学体験談 募集!