JTB海外留学 by JTB地球倶楽部

東京本社03-3988-2412 西日本留学センター06-6342-6500

  1. ホーム
  2. カウンセラーブログ
  3. 月別 : 2017年5月のブログ

[5/31]

海外で日本食を食す!

皆さんこんにちは!西日本留学センターのカウンセラーの枝川です(^^)

今回はニューヨークの「食」についてのお話です。

 

ニューヨークには日本にも進出しているおいしいパンケーキのお店や、フレンチトースト、エッグベネディクトが食べられるおしゃれなカフェやレストランがたくさんあります。ハンバーガーやステーキ、ピザなどTHEアメリカ料理もお楽しみいただけますが、やっぱり日本人はお米が恋しくなるのではないでしょうか?

 

実は、ニューヨークにはアジア系レストランもたくさんございます!日本の有名ラーメン店もニューヨークに進出しており、居酒屋の雰囲気が漂ううどん屋さん、韓国料理のお店、中華のお店などもたくさんあるので、滞在中にお米や日本食が恋しくなっても心配ありません!私は短期間の滞在でしたがお米が恋しくなり、旅行中に韓国料理屋とうどん屋さんに行きました(笑)お値段も結構リーズナブルでした。皆さんも是非行ってみてください!

 

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで

[5/29]

「シトラスカレッジ・サマースクール」のウェビナーに参加して

皆さんこんにちは。カウンセラーの清水です(^^)
先日、アメリカの語学学校が主催するウェビナーに初めて参加しました。ウェビナー(Webinar) とは ウェブ(Web)とセミナー(Seminar)を組み合わせた造語で、インターネット上で行なわれるウェブ会議です。

 

今回、私が参加したウェビナーは2017年夏休みの「小学生・中学生・高校生のための語学研修」パンフレットP.23「シトラスカレッジ・サマースクール」です。おすすめポイントをしっかり学んできましたのでみなさんにお伝えします。

 

★基本情報1: シトラスカレッジとは?
カリフォルニアの中でも最も歴史のある大学の一つで、1万3千人を超える生徒が在籍している2年制大学です。

 

★基本情報2: カリフォルニア州グレンドーラ市とは?
ロサンゼルスから 37キロ東に位置しており、温暖な気候で雨は滅多に降りません。但し、建物の中はクーラーが効いていますので上着を忘れずに。

 

★基本情報3: 英語のレッスンは?
1日3時間(8:00~12:00/休憩あり)、読む、聞く、話す、書くの4技能の総合的な向上を目指し、最新のカリキュラムに沿って講師が指導します。

 

★基本情報4: アクティビティは?
午後から行われるアクティビティではキャンパスでスポーツをしたり、ハリウッドやダウンタウンロサンゼルス、パサデナ市の市内観光などへ課外ツアーに出かけます。そして週末には、ディズニーランドへのトリップも含まれています。また、アクティビティガイドとして、現地の学生も同行しますので、交流も期待できます。

 

★基本情報5: ホームステイ先は?
アメリカの一般家族に滞在し、生活を共にしアメリカの言語、文化を体験します。毎日の送迎もついていますので、通学の心配もいりません。

 

まだまだお伝えしきれない魅力がたくさんあります。もっと詳しく知りたい方は、是非カウンセリングにお越しください。

 

 

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!

 


[5/25]

オーストラリアの国民食?~BBQ編~

皆さんこんにちは。カウンセラーの佐藤です(^^)今回はオーストラリアの国民食とも言われているBBQ(バーベキュー)についてご紹介します!

 

皆さんはオーストラリアでBBQと聞いたとき、どのようなものをイメージしますか?私は「オージービーフを豪快に焼いてガツガツ食べる!」なんてワイルドなイメージを持っていましたが、実際のBBQを見てびっくり。

 

★ソーセージを焼いて、焼いていない食パンに乗せる。
★ケチャップ(またはBBQソース)をかける。それだけなんです。
(まれに玉ねぎもありますが・・・かなり稀で贅沢です。)

 

最初BBQを体験した時は、大学の寮のイベントだったのできっとお金がないんだろう・・なんて思っていましたが、どうやら全てのBBQがこのスタイルらしいです(^^;)かなりシンプル(というか質素?)な食事ですが、私は意外とはまってやみつきになりました(^_^;)皆さんも留学に行かれた際は、その土地ならではの食事に挑戦してみてくださいね♪

 

★ご相談、お問合せはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!

[5/15]

「わずか12歳(中学1年生)で、TOEIC980点!」

皆さんこんにちは。カウンセラーの鈴木です(^^)
 
先日、こんな記事を目にしました。
「わずか12歳(中学1年生)で、TOEIC980点!」

昨年の11月にTOEIC受験をし、受験者約9万人のうち、895点以上はわずか3%程度しかいなかったとのことです。小学5年生の時にはすでに、英検準1級にも合格していたという、ずば抜けた英語力を持つこの中学生は一体どうやって勉強しているのか興味が沸きました。帰国子女でもなく、留学経験もないのですが、3歳の時に、語学が好きな母親に外国人が英語で保育をする教室に連れて行ってもらい、簡単な幼児レベルの英語はここで覚えたそうです。その後も、忘れないようにと、スカイプで1日25分、フィリピン人の先生相手に英語を習い、聞く力を鍛えたそうです。

また、英語の絵本の読み聞かせをしてもらっていたのですが、すぐに絵本は卒業し、洋書(小説)にのめり込んだとのこと。気に入った本があれば何度でも読み、また、辞書は引かずに、分からない言葉があっても違った文脈で何度も使われていることで、その言葉のイメージを膨らませ理解したそうです。

 
今から3歳に戻って同じ事をするのは難しいですが、洋書を辞書を引かずに読み、違った文脈から言葉のイメージを膨らませて、理解するという方法は、これからちょっと真似してみようかなと思っています(^^)vぜひ皆さんも参考にしてみてはいかがでしょうか?
 
 
★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!

 


[5/12]

わたしが留学で得たもの(カウンセラーおすすめ体験談)

皆さんこんにちは!カウンセラーの泉です(^^)☆
お客様から素晴らしい留学体験談をご提供いただきましたので、ご紹介したいと思います♪卒業までの貴重な半年間を、ニュージーランドで過ごした当時大学4年生のUさん。ご帰国後、なんとオフィスまでわざわざご報告に来てくださいました!(ありがとうございます!)
Uさんが通ったのはニュージーランド・オークランドにあるAuckland Institute of Studiesという学校です。私立のインターナショナルカレッジで、①キャンパス内施設を利用できること、②長期割引が大きいことが魅力的です。

 

では、早速ですが、留学生活について聞いてみましょう!
(1)授業内容はいかがでしたか?
A. a.)General Lesson [午前クラス]
毎週違ったトピックを扱う中で、文法や単語を学ぶことができたので非常に役立った。ただ教師の質の差にばらつきがあったように感じた。 
b.) Skills Lesson [午後クラス]
スピーキングとリスニングがメインのクラスだったため、先生が発音を直してくれる機会が多くあり、良かった。それと同時に、自分の意見を伝える難しさも痛感したクラスだった。
c.) Extra Classes [無料の放課後クラス]
リスニングクラスが非常に良く、リスニング力の向上に役立った。また曜日ごと(火・木)にレベル分けがされており、自分のレベルに合ったクラスに参加できた点も良かった。

 

(2)滞在先(ホームステイ・学生寮)はいかがでしたか?
<ホームステイ>
ホストファミリーが非常に親切で、NZでの1番の思い出になった。また同じ大学に通う中国人学生が住んでいたため、英語を使う機会が多くあり、英語向上には申し分ない環境だった。しかし通学時間が50分は少し遠かった。印象に残っているエピソードは、初日に犬のフンを踏んでしまい、気づかずに家に帰った結果、ホストファミリーに最悪な第一印象を与えてしまったことである(笑)
<学生寮>
ホームステイに比べたら部屋が小さく、あまり綺麗ではない印象だったが、生活する分には何も不自由はなかった。また寮では、学校の友達と過ごす時間が多くあり、学生寮での生活も非常に楽しい思い出になった。印象に残っているエピソードは、人生で初めての一人暮らしだっため、最初の頃は友達がつきっきりで料理を教えてくれたことである。

 

(3)フリータイムはどのように過ごされましたか?
A.・友達とスポーツを通して交流
・図書館で勉強
・cityのbarに飲みに行く
・週2〜3回のジムでのトレーニング
・友人宅でホームパーティー(クリスマスや誰かの誕生日など) 

 

(4)留学の総括をお願いします。
留学と聞くと「楽しそう」というイメージだったが、実際は想像以上に辛いことの方が多かった。言語、自分の考えを伝えられないもどかしさ、クラスについていけない大変さ、環境の変化、などなど。最初の頃は、外国人とのコミュニケーションが難しかったため、とにかく外国人と外に出かけ英語を使うことで、リスニングとスピーキング力の向上を図った。一方で、一人旅に挑戦するなど、やりたいと思ったこと・不安なことに対しても一歩踏み出すことができたのは非常に大きな経験になった。

 

(5)参加して得たもの・感じたことはありますか?
・英語に対する拒絶がなくなった(リスニングに対する拒絶や、話すことの恐れがなくなり、もっと単語を覚えたい、英語を話せるようになりたいって思えるようになった。日本でも時間を見つけて、英語学習を継続させようと思う。)
・外国人の素敵な友達
・偏見を持たず、アクティブに(海外で長期間生活してみて感じたことは、想像と全く違うということ。想像以上に辛かったのも、自分から周りに働きかけないと何も始まらないことも実感した。そのため、自分から行動を起こし、自分の目で見たもの・感じたことを大切にしていこうと思えた。)

 

 
どうでしょう? 何か感じられましたでしょうか??「想像以上に辛いことの方が多かった」(!)という言葉が印象的ですね。留学はどのくらい辛いのでしょう?それは人や目的によって異なりますが、ひとつ言えるのは、本気になればなるほど、留学は楽しいだけではないということです。

 

でも、「楽しいだけ」だったら、「すべて上手くいく」のだったら、「それって行く意味あるの?」とも思うのです。できない。わからない。みっともない。それは留学をしていたら幾度となく思うことです。そこから逃げずに取り組んだUさんは本当に立派だと思います。
現在は新入社員として奮闘中のUさん。将来の目標は海外勤務だそうです。
今回の留学を乗り越えた自分を信じて、これからもがんばってくださいね!
スタッフ一同、陰ながら応援しております(^^)☆

 

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!