JTB海外留学 by JTB地球倶楽部

東京本社03-3988-2412 西日本留学センター06-6342-6500

  1. ホーム
  2. カウンセラーブログ
  3. 月別 : 2016年1月のブログ

[1/27]

挨拶

皆さんこんにちは!カウンセラーの四方です(^^)
  
はじめての海外生活で最初に戸惑ったのが、親しくなった友人との挨拶です。私の初めての海外生活はスイスのジュネーブでした。親しい友人との挨拶では頬と頬に左右3回キスをします。
 
今振り返ると親しい間柄だと頬と頬を触れ合わせていた気がしますが、そんなに親しくない方だと頬が触れ合っていなかったかなぁ・・・と思います。目上の方だったり、日本にはこの様な習慣がないのを知っている方は最初は握手だけだったかもしれません。
 
友人宅を訪れるとまずは頬にキスのこの挨拶。家族もいれば、次々に友人のご主人や子ども達の両頬にキス。 ホームパーティーのお呼ばれしようものなら、そのパーティーで初めて会う人でも友達の友達はOKよ!みたいなノリで、両頬にキス。元気だった?とか、この前会ったのいつだった?とか二言三言交わすので人数が多いと結構な時間がかかります。ホームパーティーもそろそろお開きとなると、やっぱりお別れに両頬にキス。女性の場合は男女問わずこの挨拶でした。私は最初の頃は不慣れで、ギコチナクなってしまい、 なかなか自分から挨拶できなかったのをおぼています。この挨拶の習慣は、友情をあらわす表現や家族を愛する挨拶の表現方法としてはとても良い習慣だと思います。海外へ行くと国によってさまざまな習慣の違いがありますので、ぜひ色んな体験をしてみてくださいね!
 
★ご相談、お問合せはJTBガイアレック
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!

[1/26]

思い込みあるある・・・★

皆さんこんにちは。カウンセラーの清水です。
今回は留学先で出会った友人宅を訪問した際のエピソードを紹介したいと思います。
 
スイス人の彼女は会社の長期休暇を利用してイギリスに留学しており、クラスも一緒でしたので、行動を共にする機会の多い友人のひとりでした。 彼女の帰国後、私はイギリスから彼女に家に遊びに行きました。
 
家に着くと「何が食べたい?」と聞かれたので、私は迷わず「チーズフォンデュ」と答えると「私もここ数年食べてないからいいね!」と言われました。「えっ!!ちょっと待って。スイスでは冬の間、毎週のようの食べているのでしょ?」と聞くと、「そんなに食べないわよ。」と笑われました。私はすっかり日本のお鍋のように寒い冬は定番の食事かと思っていました。
 
先日、日本にはサムライがいて着物の女性がいると思っていたが残念だとインタビューに答えていた外国人観光客がいました。私も「スイス=チーズフォンデュ」と勝手なイメージを持っていたのです。皆さんも是非現地へ行って、自分の目で見て体験してきてください!そして行き先に迷った際はお気軽にご相談ください。
 

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!


[1/25]

アメリカ人との会話(中級の上レベル編)

こんにちは。カウンセラーの安達です。今回のブログでは…私がアメリカに住んでた時に交わしたアメリカ人友達との会話を、当時の記憶をふりしぼって再現したいと思います。

<アメリカ人の友人との会話>

友人:「ススム、アメリカに来て半年だね。こっちの生活で戸惑っていることってある?」

わたくし:「今はないけど、初めて朝食を自分でオーダーした時は大変でした。モーニングセット頼んでんのに、パンもジャムも卵もジュースも食後のコーヒーも全部種類を選ばなきゃいけなくて。コーヒーに入れる砂糖の種類まで聞かれた時は答えに困りました。日本じゃ絶対聞かれませんよ。角砂糖でも粉砂糖でも黒砂糖でもなんでもいいし」

友人:「そうか、僕は朝食を外で食べる時はたいていライ麦パンのトーストと多めのブルーベリージャム。卵はオムレツで半熟じゃないとダメ! その分ベーコンは超カリカリにしてもらって、飲み物は新鮮なグレープフルーツジュース。でもピンクグレープフルーツじゃなきゃ飲めないね! 食後のコーヒーはローファットミルクとダイエットシュガーの組み合わせでしめるパターンさ」

わたくし:「・・・・(それオーダーする時一回でつうじるの?)」

 <アメリカ人の友人との会話①>

友人:「他には?」

わたくし:「はじめてスターバックスに行った時も戸惑いました。メニューがすごい種類で、どれがなんだかさっぱりわかりません。「とりあえずコーヒー下さい」って言ったら、「どれもコーヒーですよ! この中から選んで下さい」と言われた時は汗が出ましたよ。連れの友達が助けてくれたからよかったけど」

友人:「僕はシアトル出身だからコーヒーにはうるさいんだ。よくオーダーするのがグランデサイズのエスプレッソマキアートで、ミルクはフォームミルクか気分によってはソイミルクだね。夜は寝られなくなるから、カフェラテのデカフェでルームフォーミルクを多めに頼むか、ローファットクリームを追加で注文することがあるよ」

わたくし:「・・・・(るーむふぉーみるくってなに?)」

 <アメリカ人の友人との会話③>

友人:「他には?」

わたくし:「家族構成が複雑ですね。家族の話しになるとステップファーザーとかエックスワイフとかステップサンズフィアンセとか色々が人が登場してくるので、血のつながりだけではファミリーメンバーを把握できません」

友人:「僕の友人は初婚でラスベガスに転居して子供2人もうけたけど、2度目の旦那とニューヨークに移り住んで、そこで3度目の旦那と知り合ってデンバーに移ったんだ。でも結局最初の旦那とよりを戻して、2人でサンディエゴに戻ってきたけど、2度目の旦那と設けた子供と3度目の旦那の連れ子の親権をめぐって今も裁判で争ってるよ。どの州法が適用されるのか僕もよくわからないけど」

ああなんとややこしい!! 結局誰が一緒に住んでて、誰が争ってるんだあ~!!(笑)

 

★ご相談、お問合せはJTB地球倶楽部

TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!


[1/23]

海外のフリーWifiについて

皆さんこんにちは。カウンセラーの四方です(^^)
昨年末に出張でインドネシアのジャカルタに行ってきました。 今回の出張は“3泊4日”の短い日程でしたし、ホテルにはフリーWifiがあるので、まぁ大丈夫だろうと、携帯電話レンタルも海外用のポケットWifiもレンタルせずに行きました。

ジャカルタ空港に到着して試したフリーWifiは微弱でだった為、ホテル到着してから使えば言いや・・・、と諦めました。また、市内のフリーWifiは安全性も疑わしいので、今回の出張では接続しませんでした。

しかし・・・レストランで食事の後や、移動中など。ちょっとの時間にニュースや情報が見られないとなると、不安を感じている自分がいました。同じ出張者の中には空港で当日レンタルしようと思って事前予約をしなかったら、在庫切れでできなかったと言ってやはり不便がっている方もいました。

これからの春の短期留学に向けて、携帯のWifi事情が気になると思います。私のように現地で困ったりしないように、事前にお早めの準備をおすすめします。

 

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部

TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!


[1/22]

世界は感動で溢れている!

皆様こんにちは。カウンセラーの三澤です(^^)

私はおもにシニア留学やロングステイのお手伝いをさせていただいておりますので、
いつも、カウンセリングに来ていただいた、人生の先輩であるお客様からお話を聞かせていただいています。そんな時に感じるのは、「自分は人としてまだまだだな~」ということです。

先日も、ご来店いただいた76才のお客様の、深いお言葉が心に残りました。
「長生きの秘訣はね、感動を忘れない事だよ」、「人は物事に強く心を動かされる事がなくなってはボケて死んでしまう」とおっしゃって、3ヶ月のオーストラリア留学のご相談にいらっしゃいました。

夕陽の美しさに心を踊らせ、海の透明度に目を見張り、思いがけない親切に心を打たれる…だけなら旅行でもありそうですが、『留学』となると更なる感動が待ち構えています!!マザーが持たせてくれる愛情弁当、学校の近くに来たら合図してくれるバスドライバー、親身に相談に乗ってくれる学校スタッフ。日本の日常ではあまり接することのない感動のネタは尽きません。

そして、電子レンジでチンしたピザ1枚だけの食卓・・・、決して時間通りには来ない電車・・・、レジを打つ時間よりおしゃべりの時間が長いスーパーのおばちゃん・・・(^^;)そんな、海外ならば日常の光景を目の当たりにした時に、日本の正確で緻密で清潔で安全な暮らしを思い出し、感動を覚えたりもするのです。

ぜひ皆さんも長生きのため(?!)海外留学を体験してみてください。

世界は感動で溢れています!

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!