JTB海外留学 by JTB地球倶楽部

東京本社03-3988-2412 西日本留学センター06-6342-6500

  1. ホーム
  2. カウンセラーブログ
  3. 月別 : 2015年12月のブログ

[12/28]

年末年始の営業について

日頃よりJTB地球倶楽部をご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。

年末年始期間に関しましては、2015年12月30日(水)~2016年1月3日(日)の間、お休みとなります。何卒、宜しくお願い致します。

 

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部

TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!


[12/28]

美女!

皆さんこんにちは!カウンセラーの石渡です。
 
皆さんはお店の店員さんや、道端で道を尋ねたい時など、その人に何と呼びかけますか?日本語だと「すみません」が一番多いでしょうか。女性に対してだと、「お姉さん」や「お嬢さん」などもあるでしょうか?
 
先日、台湾を旅行中に台北駅近くを歩いていると突然「美女(mei nv)!」と声をかけられました。字を読んでそのままの通り直訳すると美女・美人ですが、周りをきょろきょろ見渡しても私以外の人はおらず、その人は間違いなく私に話しかけていました。
 
え?え?とプチパニックになりながら話を聞くと、ただ単に駅の方向を尋ねたいだけのようでした。中国語で女性に対する呼びかけ方はたくさんありますが、「美女」という呼び方があるのは初めて知りました。残念ながら私が「美女」だからそう呼ばれたのではなく(笑)、「お姉さん」のような意味だそうです。
 
「美女」という意味はないと知っても、そんな風に呼ばれると悪い気はしないし、なんとなくより丁寧に道を教えたくなってしまうのは、私だけでしょうか??(^^;)教科書でも色んな呼びかけ方を習いましたが、これからは「美女」も使ってみようと思います♪
 

★ご相談、お問合せはJTB地球倶楽部

TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!


[12/28]

【18歳以上/催行決定】ベトナム: 学生ビジネスカフェ インターンシッププログラム

皆さんこんにちは。カウンセラーの藤井です(^^)

2015年も残りわずかですね。皆さんは2016年の目標はもう決めましたか?2016年は新しいことに挑戦したい!という方へ朗報です。

★★催行決定!★★
「ベトナム: 学生ビジネスカフェ インターンシッププログラム」

◆現地学生やスタッフとともにカフェのイベント企画や店舗の運営を行い、マーケティング調査や地域課題の検証などのビジネス開発の基礎を、実践を通して学ぶインターンシッププログラムです。

ポイント①≪グローバル人材を目指す≫
ベトナム国家大学の一つ、インターナショナル・ユニバーシティ(全授業を英語で実施する大学)でのビジネス英語、ベトナム経済、商習慣などの座学講座、在学生との共同ワークを行います。また、カフェ店舗をツールとしたインターンシップやマーケティング調査などの研修を通して、ビジネス開発の基礎を実践することにより、社会に求められるグローバル人材になるための「社会人基礎力」と「リーダーシップ力」を伸ばします。

ポイント②≪企業視察≫
帰国前にJTBホーチミン支店を訪問し、研修成果のプレゼンテーションを行います。また、現地の日系ベンチャー企業の視察が予定されています。

ポイント③≪舞台はアジア新興国ベトナム≫
近年、多数の企業がアジア新興国のベトナムで事業を広げようとしていると言われています。チャイナプラスワンと呼ばれ、ASEANでも成長性と親日性の高いベトナムでアジアのリーダーを担う学生を育てるプログラムです。
●日程:2016年2月27日(土)~2016年3月19日(土) 22日間
●対象:18歳以上25歳以下の学生限定
●滞在先:ベトナム/ドンナイ省 4名1室 寮滞在
●食事:朝食1回、昼食3回、夕食2回
●旅行代金:290,000円(燃油サーチャージ込)

まだまだご参加者募集中です!
お申込みの締切は1月8日(金)ですのでお早めにご検討ください。
※締切後はお電話にてお問い合わせください。

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!


[12/27]

クリスマスが終わって、、

皆さんこんにちは!カウンセラーの泉です(^^)

 

楽しみにしていたクリスマスも終わり、今年も残すところわずかとなりました。今年は暖冬の影響か、クリスマスも年末年始もあまり実感がわかなかったという話を聞きますが、皆さんはどんなクリスマスをお過ごしになられましたでしょうか? 日本人は無宗教だといいますが、それでもクリスマスを楽しみにしている方はたくさんいますよね!

そんな日本人よりももっと早くからクリスマスを待ちわびている国があるのをご存知ですか?日本ではまだ蝉も鳴いている9月から白昼堂々クリスマスソングを流し、4か月をかけて12月25日を待ち侘びる国があることを。

 

ヨーロッパ?北米?中東?

いえいえそれは東南アジアの島国、フィリピンです。。 フィリピンはかつてスペインに統治されていた名残で、現在も国民の約80%が敬虔なカトリック信者と言われています。意外かもしれませんが、街中でも歩いていると教会や聖母像をよく見かけます。

そんな彼らはなんと9月から翌年1月までのほぼ半年をクリスマスシーズンとして過ごすのです。1年間の半分がクリスマスだなんて、日本じゃとても考えられませんよね。クリスマス当日はというと、家族や親戚で集まり食事を共にします。国内外へ出稼ぎも多いフィリピンですが、この日は皆家族のもとへ集まり、クリスマスを祝います。

 

留学をしてみると、宗教・文化・価値観の違いにこのような驚きもたくさんあるでしょう。その驚きひとつひとつを前向きに楽しめるといいですよね!!

 

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!


[12/26]

「東京から一番近い南仏」

皆さんこんにちは。カウンセラーの三澤です。
昨年はパリで悲しい事件がありました。パリは私も仕事で何度も訪ねた街ですが、英語を話すと冷たいし、 「花の都」とか言いながら景色にうっとりしていると犬の落とし物を踏んでガックリしてしまうし、大都会の殺伐感は東京と同じです。それでも通う度に知り合いも増え、彼らの日常を心配しています。
一方、フランスの田舎は最高です。オーベルジュもシャトーホテルもお料理やワインがハズレたことはありません。エクサンプロバンスに滞在したときは、夕方になると宿泊者にワインが振る舞われ、リビングでおしゃべりの花が咲きました。そうは言っても、実際は花が咲くほどフランス語は話せない為、英語でのおしゃべりですが。大都会パリと違い、人々は優しいし、なんと言っても犬の落とし物を踏むことがありません。

ニースからモナコまで行くルートは、コートダジュールの海沿いを走る絶景です。途中小さな漁村が点在し、山が迫る海岸線…おや?これはどこかで見た景色。そうです、西伊豆です。土肥から松崎辺りの静かな伊豆の海岸線に激似なんです。路線バスでも行けますのでぜひ訪ねてみてください。ちなみにピカソ博物館で知られるアンティーブは伊豆多賀の風景そのものです。

 

写真は、日本の南仏 黄金崎にある馬ロック  縁起が良いパワースポットと言われています。

 

 

 

 

 

★ご相談・お問合せはJTBガイアレック

TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!