JTB海外留学 by JTB地球倶楽部

東京本社03-3988-2412 西日本留学センター06-6342-6500

  1. ホーム
  2. カウンセラーブログ
  3. 月別 : 2015年9月のブログ

[9/30]

海外で、心が温まる体験。

皆さんこんにちは(^^)カウンセラーの馬場です。

今回は、以前スペインのバルセロナへ旅行に行ったときのことについてご紹介します。それは日本へ帰る日に(滞在先から)「空港までお願いします」とタクシーの運転手さんに話したときのことです。

何やらスペイン語交じりの英語で説明してくれている様子で、1回目は何を言っているのか聞き取れず、運転手さんはその場でメモに数字を書き始めました。そのメモを見ながらよくよく聞いてみると、「近くの広場から 出ている空港直通のバスで行くと○○○ユーロ、このタクシーで行くと○○○ユーロ。バスの方が安いけれど良いの?」 という説明をしてくれていたのでした。

正直、それまで他の国へ旅行するときは、「メーターどこについてるの?」と乗る前に聞いたり、 だいぶ警戒をしていましたが、運転手さんの親切なご案内に心が温まりました。 結果はもちろん…タクシーを選びました!この体験を通じて、日本に旅行にいらっしゃった外国人の方に、英語を完全に話せなくても 少しの英語とおもてなしの心で力になれるんだ、と改めて感じました。 

これから留学に出発される方で、「全然英語が話せなくて心配…」という声も聞きますが、言葉だけではなく、伝えたいという気持ちが大切ですね(^-^)

 

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!

 


[9/29]

【中国語】 ~簡体字と繁体字について~

大家好!カウンセラーの沈です。今日は中国語の「簡体字」と「繁体字」のお話をします。

中国語を勉強している方ですと、同じ中国語でも「簡体字」と「繁体字」がそれぞれ違うことをご存じかと思います。「簡体字」は中国大陸で使われる漢字で、「繁体字」は台湾や香港で使われている漢字です。では、同じ中国語なのに、なぜ漢字が「簡体字」と「繁体字」がわかれているのでしょうか?

中国の漢字には、約3000年の歴史があり、昔から使われていた漢字が「繁体字」です。中国大陸では識字率向上のため、清時代の末から漢字の簡略運動が始まり、民国時代を経て、中華人民共和国が建国された3年後に漢字が本格的に改定され、「簡体字」が生まれました。華僑が多いシンガポールとマレーシアでも、中国大陸と同じく「簡体字」を使用しています。

一方、台湾と香港、または北米の華僑社会では「繁体字」が今でも使われています。「繁体字」社会では「簡体字」を読めません。台湾の人々にとっては“簡体中国語”は外国語のようなイメージです。台湾人は大学に入ってから外国語を履修しますが、その一つに“簡体中国語”があります。

さて、「簡体字」と「繁体字」では具体的にどこが違うのでしょうか?答えは「画数」です。

例を出すと、日本語では「発」と書く字が、「簡体字」だと「发」、「繁体字」だと「發」と書きます。似ているけど、やはり微妙に違いますよね。ちなみに、日本で中国語を勉強している方のほとんどが「簡体字」の教材を使い、学習しています。日本では「繁体字」にふれる機会が少ないのですが、それを踏まえた上で、台湾へ留学してみるのも面白いかもしれません!実は年々、台湾人気が盛大になり、留学を含め台湾への渡航者が大幅に増加しています。JTB地球倶楽部では、台湾留学のプランをたくさん用意しておりますので、お気軽にご相談くださいませ(^^)ノ

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!


[9/27]

絵葉書のすすめ

こんにちは、カウンセラーの四方です(^^)

最近はfacebookやツイッター、LINEなどのSNS利用が当たり前になり、遠く離れた友人とも留学生活の近況もを即伝えることができ、情報共有ができるようになりました。私もその一部を便利に利用しているひとりです。 

そんな風潮とは逆行するようですが、時折、ご留学された方より絵葉書を頂く機会があります。絵葉書は、文字を書くスペースは少ないですが、海外の素敵な風景と、葉書カに
添えられた言葉には気持ちが込められていて、手書きって良いものだなぁ~と感じます。

留学時代、まだSNSが発展していなかった頃の私は、海外から家族や祖母宛に、度々、絵葉書を送りました。祖母はどんなお土産よりも外国の切手が貼られた絵葉書を喜んでくれ、大切に保管してくれていました。 

SNSも便利ですが、皆さんも留学中に、日ごろお世話になっている方へ絵葉書を送ってみてはいかがでしょうか?

★ご相談、お問合せはJTB地球倶楽部

TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!


[9/25]

留学前の準備に関するご提案★

皆さんこんにちは。地球倶楽部のSです!

留学から帰ってきたら大学に戻って、復学の準備して、試験があって・・・と留学後の予定はばっちり決まっているけど、留学前はどう過ごしたらいいのかわからない・・なんてことありませんか?私も学生時代、1年間の留学へ出発する前、何を準備したらいいのかわからずにいた一人でした留学までの間、結局ぼ~っと過ごしてしまい、現地に到着後に、日本にいるときにアレもコレも準備しておけばよかった・・と思ったことが多々ありました。ですので、今回はその反省を活かし、皆さんに留学前の過ごし方を提案できたらなと思います(^^)

 

①その国の言語を勉強をしよう

コミュニケーションのツールである言語は欠かせません!その言葉の文法や発音、語彙など勉強したり、または音楽を聴いたり映画を見たり、アクセントの違いを知ったり・・その言語にできるだけ触れ馴染んでおくことで、到着後の理解度がかなり変わると思いますよ♪語学学校に通う方は文法や品詞をその国の言葉で調べておくといいと思います。例えば、英語では名詞はnoun動詞はverb、形容詞はadjectiveです。

 

②日本を知ろう

学校やホームステイ先で日本ってどういう国なの?と聞かれることがとても多いと思います。日本の文化や生活を紹介できるようにしておきましょう。個人的には、JTBパブリッシングが販売している「絵解きシリーズ 見てわかる日本~伝統・文化編」がかなり詳しく書かれていたので好きでした(^^)

 

③留学先のことを調べよう

天気や遊べる場所、交通機関の使い方など、留学先の情報を調べてみましょう。現地での生活の便利さや放課後の楽しみが増えるだけでなく、出会った人との話のネタにもなるかもしれません(^^)留学先の言語で調べてみるのもおススメです!

 

留学前の準備も思いっきり楽しんで、充実した留学生活を送ってください♪

 

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!


[9/25]

【3日目の想い出】 2015夏休み★国内イングリッシュキャンプin長野

皆さんこんにちは!地球倶楽部のAです(^^)

前回に引き続き、今年の8月6日~8月8日に開催された≪2015夏休み★国内イングリッシュキャンプin長野≫の想い出をブログにて振り返りたいと思います。今回はついに最終日!3日目の様子です(*^^*)

【3日目】

3日目の朝も7時起きの予定でしたが、ほとんどのみんなは6時には起きてました。早起きできる子供のパワーは素晴らしいな~と感じました(^○^)! 

最終日は、この2日間で体験したアクティビティの中で、特に人気があったアクティビティをもう一度みんなで行います。フリスビーや鬼ごっこなどが人気だったのですが、“鬼ごっこ”と言っても、イングリッシュキャンプの鬼ごっこは一味違います!

どんなルールかというと・・・簡単に説明すると、みんなで大きな円の中に入り、鬼1名、逃走者1名を決めます。他のみんなは2名1組で片腕を組み、円の中にペアで散らばります。みんな準備が出来たら、「スタート!」の合図とともに逃走者1名は逃走開始!

逃走者は円の中を逃げながら、近くのペアに狙いを定め、そのペアのどちらかと、サッと空いている方の腕を組みます。すると大変!!次の逃走者は逆端の人(笑)もちろん、逃走者は逃げる途中で円の中から出ては失格です。鬼は逃走者にタッチできたら、今度は逃走者に早代わり(*><*)みんなヘトヘトになりながら、これをず~っと繰り返し!実際にやってみると、シンプルでわかりやすいゲームで、大盛り上がりでした(^○^)  

また、キャンプ2日目に覚えたマイケル・ジャクソンの「スリラー」をもう一度踊ってみたり、子供は一度覚えたことは簡単には忘れないんですね!みんなのもの覚えのよさに関心しました。

今回のイングリッシュキャンプを通し、アクティビティで思いっきり体を動かしたり、外国人のカウンセラーに物怖じせずに覚えたての英語をどんどん話してみたり。。実際に色んなアクティビティを「体験」しながら、英語を「学ぶ」点がイングリッシュキャンプに参加する醍醐味だと思います!特に感受性が豊かな小学生の間に、短期間でも英語で楽しく過ごした記憶があると、楽しい記憶とともにその時に覚えた英語のイメージが強く残ったり、苦手意識がなくなるのではないでしょうか。今回参加してくれたみんなが、英語を話すって楽しいんだな、英語って面白いな、と思うきっかけになると、とても嬉しいです。

そして、3日間の集大成☆最後に、「Ask the Americans(カウンセラーに質問タイム)」を行いました。この時間はできる限り英語で挑戦!!好きな食べ物やどこに住んでいるのか?彼氏・彼女はいるのか?なんて、面白い質問も沢山ありました!みんな恥ずかしがらずに手を挙げて、とても楽しい時間でした(^o^)最後に、カウンセラーからの「また参加したいですか!?」の逆質問では、沢山の「はーーーい!!!」という声を聞けて、私もついつい涙ぐんでしまいました(;O;)

そして最後に全員で修了式。一人一人終了証を貰い、とても嬉しそうでした(^o^)この3日間、暑い中で思いっきり遊んで、英語にも積極的にチャレンジしたことへの表彰ですね!修了式が終わると、みんなでお昼ごはんを食べて、バスに乗りこみカウンセラーとお別れ・・・。都会や住宅街での普段の生活の中では決してできないような体験ができ、本場の英語を身近に経験できたことは、夏休みが明けてからの学校生活や今後の生活の中で、少なからずプラスになってくれることと思います。

また、今回英語に興味を持った皆さんが、将来海外に留学するキッカケになればとても嬉しいです。次回の≪国内イングリッシュキャンプ≫は、2016年春休み(3月頃)の予定です。私もまた、沢山の皆さんとJTB地球倶楽部の国内イングリッシュキャンプでお会いできる日を楽しみにしております! 

 

★ご相談、お問合せはJTB地球倶楽部

TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!