JTB海外留学 by JTB地球倶楽部

東京本社03-3988-2412 西日本留学センター06-6342-6500

  1. ホーム
  2. カウンセラーブログ
  3. 月別 : 2014年1月のブログ

[1/23]

春休み留学を検討中の方必見!!<18歳以上のマルタ留学>

皆さん、こんにちは♪ 西日本留学センターのカウンセラーの加藤です。

今回は「春休みの語学留学を考えている大学生の方に」スペシャルなお知らせです!マルタの語学学校NSTSでは、2014年2-3月に受講する大学生には、20レッスンの料金で25レッスンの受講、25レッスンの料金で30レッスンの受講が可能という1週間に5レッスンの無料グレードアップ!さらに、4週間以上の受講者には、半日エクスカーション(観光)が毎週1回、無料でサービス!これはJTBガイアレックへ留学をお申し込みの方限定のスペシャルなサービスです。

 

では、マルタ共和国とは?
地中海に浮かぶ小さな島、イタリアのブーツの先っぽの、そのまた先にある独立した国家、マルタ共和国は、公用語がマルタ語と英語で語学研修の目的地としても注目の場所です。2~3月は最低気温9-10度、最高気温は15-16度。大阪や東京より一足早い春の気候です。泳ぐことはできませんが、ダイビングはできます。

 

その特徴は・・・
特徴①  ブリティッシュ・イングリッシュを学べます。
特徴② 青い海、そして世界遺産。地中海に囲まれたマルタ共和国は、見どころいっぱいです!
特徴③   治安が良く、フレンドリーな人々。のんびりしたマルタ時間を過ごせます。
特徴④ 授業料が安い上に日本人は少なく、ヨーロッパ人が多いのです。
特徴⑤ ホームステイだけでなく、リゾート気分の寮滞在も楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、この機会にマルタ共和国での留学にトライしてみください(^^)!

 
★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!


[1/21]

【JTB北千住支店】 1/24(金)海外ロングステイと語学留学セミナー開催!

「海外ロングステイとミドルエイジの語学留学セミナー開催」のお知らせ

 

ロングステイ先として不動の人気を誇るマレーシア。欧米諸国への留学に比べ、授業料の安さや時差・飛行時間の短さなどから、今、英語研修先としても注目が集まっています。また欧米諸国への大学へも門戸を広くしているマレーシアは子供たちの英語教育にとっても魅力の国です。本セミナーではクアラルンプールに滞在して語学習得と生活体験をする、メリハリの効いた暮らし方をご提案いたします。親子で、またはお孫さんとマレーシアでの春休みはいかがですか?

 

<主な内容>   

1、ビザなし滞在とMM2Hビザ取得滞在の違い

2、住んでみたい国、NO1のマレーシアの魅力

3、ICLS語学学校の授業システムと授業料

4、気になる、物価・住居・医療等の現地事情

5、ロングステイ実施の不安解消と具体的準備

 

【日時】 平成26年1月24日(金)11:00~12:30(開場10:45)           

【会場】 (株)JTB首都圏 北千住支店

東京都足立区千住2-59 横山ビル1階 http://www.jtb.co.jp/shop/kitasenju/

【交通機関】 JR・東京メトロ千代田線・東京メトロ日比谷線・東武伊勢崎線・首都圏新都市鉄道下車(北千住駅西口)

【募集人数】 15 名

【参加費用】 無 料

【予約】 要申込み(開催日前日まで申込み可能です)

【講師】 ロングステイアドバイザー  ICLS日本支部 マネージャー 小形 稔 

【共催】 JTBガイアレック(地球倶楽部)  http://www.jtbgaiarec.co.jp/

ICLSインターカルチュラル ランゲージスクール http://icls.com.my/jap/home.php 

【後援】 (財)ロングステイ財団

 

【お申込み・お問合わせ】

JTB北千住支店 TEL 0570-200-521  (平日10:30~19:00、土日祝10:30~18:30)

JTBガイアレック(地球倶楽部) TEL 03-3988-2412 (月~土 10:00-18:30)

担当:三澤  infoeast@jtbgaiarec.co.jp

 


[1/20]

私のおすすめ★春休みパース中学・高校授業体験(中高生)

皆さんこんにちは。西日本留学センタ-の久家です。
毎日、寒い日が続きますが皆さん体調はいかがですか?

昨年末に、2013年の夏休みに中高生の「パ-ス中学・高校授業体験」プログラムへご参加いただいたお客様がご来店されました。中学生の方でしたが、このコ-スがとても素晴らしく感動しましたというご報告をいただき、とても嬉しく思いました。今年の春休みも是非参加したいということです(^^)ノ

このコ-スの特徴は現地校生徒(バディ)と一緒に授業を体験し、現地校生徒の
家庭にホ-ムステイするというのがオススメポイントとなっております。前回ご参加された方は、現地の高校に入り、日本人ただ一人だけでしたが、学年問わず全校生徒が歓迎してくれて、学年、クラスが違っても廊下などですれ違うときに声を掛けてもらい、まさしくこの学校の生徒の一員として受け入れられたことを実感されたそうです。通学もホストファミリー宅の生徒さんと一緒に通学しますが、時には他の生徒さんたちからも「一緒に行きましょう」と、朝から誘ってくれたそうです。いろいろな人と一緒に通学が出来、友達もたくさん出来たようでした。

もちろん、滞在中は全て英語でのコミュニケーションの為、慣れないうちは少し苦労もしたらしいですが、すぐに英語に慣れ、とても充実した17日間だったそうです。こうしてわざわざご来店いただき、色んなお話を聞かせていただき、私もとても感動いたしました。

海外研修に興味がお有りの皆さんも是非、現地校で授業体験をしてみませんか?
このコ-スは1月31日(金)の締切の為、お早めのお申込みをおすすめいたします♪
説明会等、常時開催しておりますのでお気軽にお問合せくださいませ。

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!


[1/18]

語学ができると人の輪が広がる!

こんにちは。航空手配担当のWです(^^)v

先日、友人と地元のマレーシア料理のお店に行きました。とっても狭いお店で14、5名入ればお店は満杯。もともとマレーシアでご両親のお店を手伝っていたお店の女将はお客様として来ていた日本人男性と国際結婚し、8年前に来日したそうです。今はご主人がマレーシアに単身赴任中のため、帰郷の時にご主人に会いに行くとのこと。

女将は4ヶ国語が話せます。
多民族国家であるマレーシアは小学校からマレーシア語、英語を勉強します。ご両親がマレーシアの華僑出身のため中国語も話せます。日本語は来日してから独学で勉強したそうです。アルバイトの女の子も華僑出身、彼女も4ヶ国語が話せます。来年から日本の大学への進学が決まっているそうです。小さい時から勉強するのが当たり前の環境ってうらやましい・・・。勿論、彼女たちが一生懸命努力したからこそ話せるのだと思いますが

お店の中には私の友人のようにアメリカに住んでいた人、先月アメリカ留学から帰国した人、アジアに出張が多くマレーシア語の日常会話ができる人、日本で中国語を勉強中の人などがいて、それぞれが、英語、マレーシア語、中国語、日本語で会話をしていていました。いったいここはどこなの?と思ってしまうくらい。。。その上、料理もとても美味しく、本当に楽しい時間を過ごすことができました。語学が出来るって素晴らしい!人の輪が広がるんだと実感しました。

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!


[1/16]

アメリカでの珍体験、つづき。。

こんにちは。カウンセラーの安達です。アメリカに住んでた時の珍体験の続きです。
 
動物の話し。サンディエゴで初めて借りたアパートに夜帰宅した時、ハリネズミをもっと愛らしくした動物が徘徊しているのを発見。何の動物だろう?かわいいなあ… と思って近づいたら逃げられましたが、後日友人にその話をしたら「ああ、それはスカンクだよ。こないだも野球場に現れたもんだから、試合そっちのけで選手が逃げまわってたよ(笑)よく珍プレーのネタにもなるし」とのこと。スカンクがサンディエゴに普通に生息していることを この時初めて知りました。噛まれないで本当によかった…
 
ラテン系友人男子の話し。大学のレポート提出が翌日に迫っていたので、その友人宅で夜中まで準備。すると休憩中にいきなり「俺、彼女の為に歌を作ったんだ!気分転換に聞かせてやるよSusumu!」と言って、やおらフォークギターを片手に「マイラ~、マイラ~ブ♪」とジャカジャカ歌いだしました。マイラは彼女の名前らしいです。そして曲のサビはスペイン語。 最初はニコニコ聞いてましたが、同じフレーズで延々と熱唱しつづけるので、どうしていいのかわからず、表情はこわばって、しまいには汗がふきだしました。レポート提出は明日なのにと思いながらもじもじする私。それを見て、「Susumu, どうしたんだ!顔色が悪いぞ、大丈夫か!?」って、ラブソングを延々と聞かされる身になってごらんなさいっ!!
 
誕生日の話し。誕生パーティーに集まってくれた友人女子の一人から「Happy Birthday,Susumu」と渡された花がなんと菊の花。花を抱えたまま固まった私におかまいなく祝福するアミーゴな方々。菊(Chrysanthemum)っての発音は難しいし、日本の習慣を説明するのも面倒だったので、とりあえずお礼を述べたところ、今度は他の友人が「みんなで写真撮ろうよっ」と、菊の花を抱えた私に友人20人ぐらいが取り囲んだという…心霊写真か(恐)。この写真、いまだ誰にも見せていない未公開画像です。 
 
★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!