JTB海外留学 by JTB地球倶楽部

東京本社03-3988-2412 西日本留学センター06-6342-6500

  1. ホーム
  2. カウンセラーブログ
  3. 月別 : 2013年5月のブログ

[5/30]

ニュージーランドの運転ルール

こんにちはカウンセラーの松良です。
5月も後半になり、すでに初夏と言った方が相応しい季節になりました。薄着で外出できるのはとても気持ちが良いですね。
 
 
さて、先日、自宅から車で15分ほどのところにある牧場に行ってきました♪ 
近くで見る大きい牛は、迫力がありますね。私は、農業大国ニュージーランドに留学をしていましたが、クライストチャーチから車を15分ほど郊外に走らせると、羊や牛がたくさんいたことを思い出しました。
 
 
人口400万人に対し、羊は5000万頭いるだけあって、郊外を走るととにかく羊、羊、羊。初めてその光景を見たときは、まさにガイドブックに載っている写真と全く同じで、大興奮しましたが、それも30分ほど経つと、「また羊…」とつぶやくほどでした(笑)
 
 
郊外を走っていると、時折羊の群れが移動していて、道を塞ぐなんてことも。
こんなときの運転マナーは、ニュージーランドでは運転免許試験にも出てきます。
 
 
Q. 羊の移動に対面しました。ドライバーはどのような運転をしなくてはならないか?
 
1) 羊の移動が終わるまで、その場で停車して待つ
2) 徐行運転をしながら、羊の横を通過する
3) クラクションを鳴らしながら、通過する
 
答えはどれでしょう?
 
答えはもちろん、①のその場で羊がいなくなるまで、じっと待機するです。
 
 
海外で車を運転することがありましたら、現地ならではの運転ルールをしっかり覚え、 
安全運転を心がけましょう!
 
 
★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!

[5/29]

憧れのセレブやスターに会えるかも??

皆さんこんにちは。地球倶楽部のYです(^^)v
今日は、憧れのセレブやスターに会えるかも??というお話です。

ロサンゼルスのビバリーヒルズと言えば、世界のセレブやハリウッドスターなどが集まる、言わずと知れた超高級住宅地ですが、ロサンゼルスでは、なんと“ビバリーヒルズの豪邸マップ”なるものが、売られています!!

 

その実態は、ビバリーヒルズの住宅街の地図に、家ごとに番号が振ってあり、
地図の下には、番号とたくさんの人の名前が書かれています。よく見ると、T●M ×××××・・・・〇〇番、 MA●●●NA・・・〇〇番などスターの名前と住所がぎっしり。スターと言えども、このように個人情報を公開されたらたまったものじゃないですよね(^^;)

 
また、ハリウッドスターと言えども、私たちと同じようにレストランやカフェを利用したり、
自宅の近所で犬の散歩をしたりなど、オフの日の過ごし方は様々。ロサンゼルスに行く方は、もしかするとそんなスターの休日を垣間見ることができるかもしれませんね!語学研修の合間に、地図を片手に“ハリウッドスターの豪邸探索”をしてみるのも面白いかも
しれません。運がよければ、憧れのあの人に会えるかも(^^)!!

 

でもこれって、プライバシーの侵害?、個人情報の漏洩?日本ではあり得ない話ですが、訴訟大国アメリカでは、問題にならないのでしょうか…???アメリカってなんとも不思議な国ですね~。

 
★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!

[5/28]

海外ドラマのススメ②☆

こんにちは。カウンセラーの久保田です。
私は海外ドラマを見ることが好きなのですが、今回はイギリス英語のアクセントを知るのにもピッタリなオススメのイギリスドラマをご紹介いたします。

■■■イギリスBBC製作のSFドラマ「ドクター・フー」■■■
1963年に放送開始し、今年でなんと50周年を迎える世界最長のSFテレビドラマシリーズです!ヨーロッパだけではなく、北米・オセアニア等、他の英語圏でも根強い人気を誇っています。

Doctor(ドクター)と呼ばれる、見た目は人間と同じ姿をしたタイム・ロードという種族のエイリアンが主人公のドラマです。ターディスと呼ばれる1960年代のポリス・ボックスの形をしたタイムマシーンに乗り、過去・未来・宇宙を旅して、色々な事件を解決していきます。旅をしながら事件を解決する国民的人気番組。。。日本でいえば、さしずめ「水戸黄門」って、とこでしょうか!?

因みに、ドクターの年齢は900歳以上で、身体に大きなダメージを受けると、12回まで生まれ変わることができます。そのため、ドクターを演じる役者が降板しても、生まれ変わった設定にできるおかげで、ストーリーに無理なく長年ドラマを続けていけます(笑)。それが長寿番組でいられる大きな要因かもしれませんね。

 

子供から大人まで、幅広く楽しめる内容です。「この夏はイギリスへ留学を・・・」とお考えの方には特におススメです!

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!


[5/26]

まずはリスニングから!

こんにちは。カウンセラーの松良です。
私の休日の日課といえば、3歳の子供とお風呂に入ることですが、お風呂ではいつも日本語と英語で数をかぞえています。最近は20まで数えられるようになりました。

 
先日、気がついたのですが、子供の英語の発音が私にそっくり(*´ω`*)
英語で数を数える際に、留学中と同じ発音で子供に教えていたのですが、子供は聞こえてくる音をそのまま声にするのが天才なんですね!私はよく、お客様とのカウンセリングの際、『まずはリスニングが大切』とお話していますが、今回、子供をみていて改めてそう感じました。

 

英語のリスニングはCD等でも出来ますが、でもできれば自分で海外に行ってお互いの表情を見ながら、リスニングとスピーキングができると最高ですね!

 
留学は最短1週間からでも可能ですので、ぜひ海外に行って、マニュアルではない“会話”を楽しんできていただくことをオススメします!

 

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!


[5/24]

英語+日本語教師アシスタントプログラム

こんにちは!カウンセラーの久保田です。

先日、オーストラリアで英語+日本語教師アシスタントプログラムにご参加い
ただいたお客様よりご報告をいただきました。

 

そのお客様は日本で小学校の先生をされています。今回はボランティアプログラムに参加し、通常なかなか見ることができない海外の小学校の授業を見たり、現地の先生と交流することができ、非常に貴重な体験ができました、とおっしゃっていました。

 

日本とオーストラリアの言語教育の違いもとても興味深かったそうです。全ての科目で基礎学習を重んじる日本人は、まずは、文字・文法、と系統立てて語学学習も進めていきます。一方、『言葉は使えることが大事』と、実務的に考えるオーストラリアの学校では、難解な日本の文字(ひらがななど)は初めは教えず、まずは、挨拶や、ものの尋ね方を教えて,話す事に重点をおいた授業が行われているそうです。

 

どちらが正しいとは言えませんが、日本の学校教育ものだいぶ変わってきています。今後は、基礎もしっかり学びつつ、コミュニケーション能力も高められるようなカリキュラム作りが必要ですね。次回はこの英語+ボランティアプログラムの内容をご紹介いたします。

 

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!