JTB海外留学 by JTB地球倶楽部

東京本社03-3988-2412 西日本留学センター06-6342-6500

  1. ホーム
  2. カウンセラーブログ
  3. ブログ一覧

[6/25]

【12~17歳/女子限定】 ヒースフィールド・サマースクール

皆さんこんにちは。カウンセラーの清水です(^^)
5月にイギリス出張に行った際に訪れた学校をご紹介したいと思います。それは、ロンドン西の郊外アスコットに位置する「ヒースフィールド スクール」です。イギリスを代表する全寮制の名門女子校のひとつで、アン王女の出身校として有名です。

 

学校の敷地内に入ると気品ある白亜の建物が生徒たちを出迎えてくれます。この学校は、“レディー”としての教育を大変重視しており、滞在中は「淑女のためのマナーレッスン」や「フラワーアレンジメント」が予定されています。

 

玄関を開けるとすぐ左には「Drawing Room」があります。「Drawing Room」とあまり聞きなれない言葉ですが、サマースクールの校長先生であるMrs.ヘレン氏によると、これはダイニングルーム(食堂)で食事後、男性たちがタバコを吸いながら話を始めたら、女性はその場から引き下がり(Draw)移動する部屋が語源とのことです。まさに紳士淑女の国、イギリスらしい英語ですね。

 

この他、「Ladies Cloakroom」などレディーのための英語表現が至る所に溢れています。既に出発が決定し、12~17歳女子25名様限定のサマープログラムです。詳しくはhttp://ryugaku.jtb.co.jp/package/2AEWG/

 

今年の夏は、本場イギリスでレディーとしての教育を受けてみてはいかがでしょうか?ご出発費も近いため、ご興味がある方はお早めにお問合せ下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!

 


[6/15]

「フォネティックアルファベット」ご存知ですか?

皆さんこんにちは!カウンセラーの大塚です。
旅行会社に入社して、最初に覚えなければならない事の一つに「フォネティックアルファベット」なるものがあります。旅行業界ではお客様の旅行手配をする上で、航空会社やホテルへお客様のお名前を伝えることは日常の業務です。予約をする際に一番重要なことは、お客様のお名前を正確伝える、という事です。

 

特に日本人の名前は外国人には馴染みがないので、アルファベットのスペリングを正確に伝える工夫が必要です。そこで「フォネティックアルファベット」が大活躍です。例えば、Aはエイブル、Bはベイカー、Cはチャーリー、となります。
私の名前はOTSUKAなので、「私の名前は、オーツカです。スペリングはオーバー、タイガー、シュガー、アンクル、キング、エイブルです」と伝えます。

 

これを普通に「オー、ティー、エス、ユー、ケイ、エイ」と電話や口頭で伝えると、音が似ている「ティー」と「ディー」が間違って伝わる可能性があり、日本人の名前を知らない人が聞くと、予約の名前が「ODSUKA」となる可能性があります。するとホテルのフロントで「OTSUKA様からのご予約はございません。」となり困る事態になります。

 

自分で予約する場合、最近はネットを利用することが多く、電話でホテルや飛行機を予約することは少ないかもしれませんが、皆さんも留学中や海外旅行中に、もし機会があれば使ってみて下さい。ネットで「フォネティックアルファベット」や「フォネティックコード」を検索すれば他のアルファベットをどう言うのか簡単に調べられます。くれぐれも、予約間違いにより、海外で「今宵の宿はどうしよう(^^;)!」という事態にならないように気を付けて下さい!

 

★ご相談、お問合せはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!

[6/13]

太極拳の極意

皆さんこんにちは。カウンセラーの渡邊です(^^)突然ですが、皆さんは“太極拳”をしたことがありますか?中国や台湾の映画やドラマで見かける、あの“太極拳”です。最近では海外セレブの健康法としても話題になっていますよね。

 

私は留学時代、課外活動の一環で“太極拳”を学んだことがあります。ゆったりとした動きなので簡単なのかと思いきや、実際にやってみると、緩やかで持続的な動きは体の隅々まで神経を巡らせなければならず、ハードな動きをした時と同じくらい疲れます。学生時代の私はゆったり持続的・・・が苦手で、せっかく教わった太極拳もその時限りになってしまいました。

 

先日、朝の公園を散歩していると、偶然、太極拳をしている団体を見かけました。私が学生時代以来、遠ざかっていた太極拳です。朝の静かな空気の中で、森林浴をしながらゆったりと太極拳をする様子に、動きだけではなく、心の余裕や落ち着きを感じました。学生時代に私が“のろのろとした動作”だと感じていた動きは、実際は心穏やかに、焦らず、自分と周囲を融合させる動きだったのですね。学生時代の私は、いつも忙しく動いていたので、太極拳の本来の動きができなかったのだと思います。

 

大人になって見た太極拳は、自然体で、優雅で、ずっと見ていても飽きないかっこよさでした!さすが中国4千年の歴史!また、本場の太極拳を見に行きたいと思った出来事でした(*^^*)


 

 

 

 

 

中国・台湾留学のご相談もお受けしております!
★ご相談、お問合せはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!

[6/11]

海底で見つけた卵の話。

皆さんこんにちは。カウンセラーの馬場です(^^)
先日、海に潜ったときに海底である生き物の卵を見つけました

 

それはネコザメという日本に多く住むサメの一種の卵です。卵は貝のように渦を巻いた昆布のような見た目・触感で、1年かけて育っていくそうです。ネコザメは甲殻類や貝類を餌としていてサメの中でも歯が強いのですが、小さいものは一般家庭での飼育も可能とされており、比較的おとなしいと言われています。

 

実は日本では目の上の突起が猫のように見えることから彼らはネコザメと呼ばれていますが、英語ではJapanese horn SharkやJapanese bullhead sharkと言われています。ややこしいことにCat sharkと言ってしまうとトラザメという別のサメを指すことになります。すなわち、英語圏の方からするとネコザメはネコに見えないようですね…(^^;)

 

この他にも虹の色の分け方や信号の色など、海外に出てみると日本の当たり前が当たり前でなくなってしまうケースがあります。ぜひ留学を通して様々な見方や価値観に触れてみてはいかがでしょうか?

 

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!

[6/7]

「変わるもの・変わらないもの」

皆さんこんにちは、カウンセラーの舘野です。
先日、15年ぶりに香港を訪れました。かなり前の記憶ですが、香港のイメージはニワトリが一羽そのまま売られていて、露店がたくさんあり、街自体は乱雑、発展途上’というものでしたが、15年ぶりに訪れた香港は、‘高層ビルが立ち並び、観光客も多く、整然としている’街に変化していました。

 

売られる直前まで走っていたニワトリもいないですし(これはSARSの影響でしょうか・・)、トイレの清潔さは、日本より上かもしれないという程、街全体が綺麗になっていました。香港は今年、イギリスから独立して20周年目を迎えます。その間に多くの変化があり、街が発達しました。

 

変わる街並の中で、1つ記憶のままのものがありました。
それは、建設現場の‘竹の足組’です。日本では通常鉄パイプを使いますが、香港の建設現場には竹の足組が使われていることも多いです。印象に強く残っていた風景を、また見ることが出来たので嬉しかったです。

 

変わっていくものに感動し、変わらないものにもほっこりとする香港旅行でした。皆さんも、旅行や留学で行かれた国をもう一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

★ご相談、お問い合わせはJTB地球倶楽部
TEL:東京03-3988-2412、大阪06-6342-6500まで!